社長メッセージ証券コード:3895

印刷用ページ

平素よりハビックスグループをご支援いただきありがとうございます。

2018年3月期は、積極的な販売拡大を推し進めたことにより売上高は128億67百万円となり、6期連続で過去最高を更新することができました。一方で、パルプ価格の高騰等の影響により営業利益は11億43百万円となり、前期と比較して減少しました。また、配当金につきましては、1株あたり15円とさせていただきました。
2019年3月期は、パルプや燃料の価格が高い水準で推移すると見込まれ、依然として厳しい状況となることが予想されます。こうしたなか当社グループは、引き続き積極的な販売拡大を推進するとともにさらなる生産効率の改善に取り組み、業績の向上に努めてまいります。

また、今後も成長が見込まれる衛生材料市場や外食産業市場において販売をさらに拡大するため、衛生用紙を生産する海津工場の増設を決定いたしました。今後も、市場のニーズを的確に捉え、付加価値の高い製品をご提供してまいります。

株主、投資家の皆さまにおかれましては、今後とも引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。ハビックス株式会社 代表取締役社長 木村敏之

ページの先頭へ戻る